タイヤを交換したが、適正空気圧はいくらに設定すればいいの?


1.ブランドや商品が異なるタイヤに交換した場合:

  純正装着サイズと交換したタイヤサイズ(例.195/65R15 91まで)が同じならば、

  適正空気圧は車両指定空気圧と同じです。

  (例)新車装着タイヤ195/65R15 91S EP150から、195/65R15 91H REGNO GR-XI、

     あるいは195/65R15 91Q BLIZZAK VRX2に交換した場合。

2.速度記号(スピードシンボル)が異なるタイヤに交換した場合:

   純正装着サイズと交換したタイヤサイズ(例.195/65R15 91まで)が同じならば、

   適正空気圧は車両指定空気圧と同じです。

  (例)新車装着タイヤ195/65R15 91Sから、195/65R15 91H、

     あるいは195/65R15 91Qに交換した場合。

3.カーメーカー指定の新車装着タイヤサイズ(オプション設定タイヤサイズを含む)と異なる

  タイヤサイズ【エクストラロード(XL)規格を含む】に交換した場合:

  タイヤ販売店にご相談ください。

  あるいは、国産車(2007年以降の登録車両)に装着される乗用車用タイヤの場合は、下記の

  「タイヤサイズ変更時の推奨空気圧検索システム」を活用頂くと、タイヤサイズを変更した

  場合の適正空気圧を確認できます。


※尚、自然漏れによる空気圧低下を考慮して、上記で確認した適正空気圧を基準とし、

  0~+20kPaの範囲内で調整・管理することをお奨めします。

参考になった 参考にならなかった

その他の「お問合せ」をキーワードで検索する