どのくらい摩耗したらタイヤを交換しなければならないの?

タイヤには、残り溝が溝深さの使用限度である1.6ミリになる目安としてスリップサイン【タイヤの溝深さの管理「摩耗による使用限度」】を設けています。摩耗したタイヤで走ると危険なため、スリップサインが周上一箇所でも露出すると、そのタイヤは使用してはいけないことが法律で定められています。またスタッドレスタイヤは、溝深さが新品時の50%に減って、プラットフォーム【タイヤの溝深さの管理「冬用タイヤの使用限度」】が周上一箇所でも露出すると、冬用タイヤとしては使用できません。なお、50%以上摩耗した冬用タイヤは残りの溝が1.6mmになる(スリップサイン露出)までは夏用タイヤとして使用できます。
参考になった 参考にならなかった

その他の「お問合せ」をキーワードで検索する