溝が残っていれば、タイヤは何年も使用を続けていいの?

ゴム製品であるタイヤは車両に装着して使用し始めると、
環境条件などによりゴムの特性が経時変化します。
溝が残っていても、使用開始後5年以上経過したタイヤについては、
継続使用に適しているかどうかをタイヤ販売店などで点検することをお奨めします。
また、外観上使用可能のように見えたとしても製造後10年経過したタイヤは
新しいタイヤに交換されることをお奨めします。
参考になった 参考にならなかった

その他の「お問合せ」をキーワードで検索する